時代と共に変わる職場

社会に出て働くということは、様々な年齢層の人々とコミュニケーションをとりながら円滑な業務を試みていかなくてはならないのではないでしょうか。ですが、実際にはそこに「年齢による溝」というものが生まれているのが現状でしょう。かつて「職場」というものは、公私混同ともとれるような濃い人間関係や人間模様が繰り広げられたウェットな世界であったように思えます。しかし、時代は流れ、若い世代によって世の中が台頭されるようになってくると、ウェットな人間関係は好まれにくくなり、職場におけるドライな相互関係というものが優勢となりつつあるようです。最近では、週末のお父さんのゴルフ姿というものが世の中から消えつつあるというのもささやかれているようです。